新着順:72/4221 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ひかりをむすぶ: 武内貴子トーク

 投稿者:武内貴子メール  投稿日:2018年12月22日(土)16時25分0秒 host-95-195-199-86.mobileonline.telia.com
  通報
  アーティストトークの告知です。
8月よりスウェーデンに移住しましたが、一時帰国でトークイベントを開催致します。
要予約です。1月5日はアジ美のギャラリートークもあるそうです。行かれる方は近隣ですので帰り道に是非ご参加ください。


日時:1月5日(土)15:00~
場所:Common de - Hostel & Bar -
(コモンド ホステルアンドバー)5F ラウンジ
福岡市博多区古門戸町7-13 ※地下鉄中洲川端駅より約徒歩5分
参加費:500円(お茶・お菓子付)定員30名
アルコール、その他のドリンク等はキャッシュオンでBarカウンターから提供します。
当日のみの限定メニューも登場予定。なお会場の都合上、立ち見席があるかもしれません。ご了承ください。
その場合、ご予約順で席はお取りします。ご予約の際、不明な点は確認してください。
ご予約はメールにて承ります。
予約メールアドレス→ ariyoshi@localbed.co.jp(担当:有吉)
件名に「武内貴子トーク予約」、本文に氏名、予約人数、メールアドレスをお書き添えの上、お申込みください。こちらからの返信をもち予約完了。または、武内貴子のFBのアーティストページのメッセージでも予約可能。
コモンドホステルは、2018年2月にオープンした、まだ新しいゲストハウスです。ホステルのバーを併設するラウンジにて、スウェーデン在住のアーティスト・武内貴子さんによるアートプロジェクト「The locus of the light 」が12月よりスタート。ホステルやバーの利用者が参加することで、作品ができあがっていくこのプロジェクトは、これからどのように変化していくのでしょうか。
今回、武内貴子さんの一時帰国に伴い、トークイベントを開催します。ゲストナビゲーターとして、様々な地域でアートプロジェクトに関わってきた小山冴子さんをお迎えします。お二人の対話をもとに、武内さんのこれまでの活動や、今回の作品のコンセプト、そして人々が行き交う場所や風景についても話題を広げてみたいと思います。ぜひご来場ください。
*プロフィール
武内貴子(現代美術家)
1979年福岡生まれ。福岡教育大学大学院美術科修了。「結び」をテーマとしたインスタレーション作品を制作。2006年青森国際芸術センターアーティストレジデンス、2008年ピクニックあるいは回遊(熊本市現代美術館)、2009年ART LOVE JAZZ(三菱地所アルティアム)、2011年博多アートステージ(アミュプラザ博多)、2012年A as A Project(中国)2015年九州芸文館レジデンスなど国内外問わず活動、ワークショップ等も多数開催。2018年8月よりスウェーデン移住。
小山冴子(コーディネーター/ライター)
1982年福岡生まれ。2006年より『art space tetra』(福岡)の運営メンバーとなり、音楽イベントや展覧会、トークや朗読の会など様々な企画を行う。2009年に『とんつーレコード』をスタート。場所の発生と記録、伝達の形式について日々考え、実践している。2012年に別府へ、その後鳥取、鹿児島、名古屋、札幌へと、関わるプロジェクトに合わせて移動している。最近は札幌の雪に心動かされる日々。




 
》記事一覧表示

新着順:72/4221 《前のページ | 次のページ》
/4221