新着順:17/4158 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

12/6(木)「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」特別授業のお知らせ

 投稿者:アジア美術館メール  投稿日:2018年12月 5日(水)10時56分15秒 p1784152-ipngnfx01fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  通報
  現在開催中の展覧会
「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s」展企画者である黒田雷児氏のトークを
京都市立芸術大学にて開催致します。
学内の他専攻や学外の方も参加していただけますので、是非お越しください。

-----------------------------------------------------
特別授業
 アジア近代化における「印刷美術」としての木版画

【日 時】2018年12月6日(木) 14:40-16:10
【会 場】京都市立芸術大学 大学会館 交流室  ※事前予約不要
【主 催】版画研究室

【開催概要】
アジア近代美術の展開を、西洋からの技術の移植や様式の模倣にとどまらない、「自由=独立」を求める運動の展開としてみるためには、絵画からインスタレーションに至る展覧会向けの「会場美術」ではなく、広範な観衆に図像を届ける「印刷美術」に注目する必要がある。「高級芸術」でも「大衆芸術」でも「プロパガンダ」でもないところに成立する「表現」を、アジア各地の木版画に見出していくと、日本の美術と社会を見直す契機にもなるだろう。

アジア美術館Facebook
https://www.facebook.com/fukuokaasianartmuseum/
 
》記事一覧表示

新着順:17/4158 《前のページ | 次のページ》
/4158