新着順:53/4147 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今週末9/22(土)~24(月・祝)開催!Studio Kura 滞在アーティストによる展覧会

 投稿者:スタジオクラメール  投稿日:2018年 9月18日(火)18時14分14秒 softbank126082148222.bbtec.net
  通報
  お世話になっています。
Studio Kura アーティスト・イン・レジデンス・プログラムに滞在中のアーティストによる成果を発表する展覧会を開催いたします。

◆レジデンスプログラム参加アーティストによる成果発表展:
- Caitlin Bowe  オーストラリア/ 立体制作 「keep me far from harm and fault」
- 児玉梨乃  米国/ インスタレーション、ウェアラブルアート、ドローイング 「Homecoming」
- Davin Saputra  インドネシア/ デジタル彫刻、3D プリント 「Figure in Filaments」
- Eleonora Allan ブラジル/ 映像インスタレーション 「Entre Deux」
- Lesly Patricia Holliday   英国/ 絵画、版画  「SKIES, KITES & CRABS」
- Debbie Donnelly ニュージーランド/ 染織 「Moving Continents series #2」

◆日時: 9月22日(土)~24日(月・祝)11時から18時まで
  入場無料 ※事前予約不要、参加無料
  22日(土)17時より展覧会パーティーおよびアーティスト・トークを開催。

◆展覧会会場:  福岡県糸島市二丈松末586 JR筑肥線一貴山駅より徒歩15分 展示会場は3ヶ所
◆お問い合わせ: Studio Kura代表 松崎宏史 (092-325-1773)


- スタジオクラギャラリー

DSC_0223 - コピー

Caitlin Bowe
「keep me far from harm and fault」
先月より滞在中のケイトリンさんは、個人的および文化的な意味を持つシンボルや自身のトラウマに焦点を当てた作品を制作展開するアーティスト。
自身の民族的背景であるケルト遺産、ビクトリア時代のモーニング(Mourning 喪に服す習慣や服装)、お守りなど日本で見つけたシンボルを
組み合わせ、「守られること」や「信念」をテーマにした立体彫刻をお見せします。



- 第1スタジオ

GreetingsfromHome - コピー

児玉梨乃
「Homecoming」
ファインアーツとアジア系アメリカ人研究を専攻する学生アーティスト。日本の両親のもとでシンガポールで生まれ、カリフォルニアで過ごす。
本展ではディアスポラな心を広げ、多国籍家族とはどのようなことか、家族やその関係性を表現するドローイングとウェアラブル・アートを融合
させた制作表現に試みます。


fixed
Eleonora Allan
「Entre Deux」
ドローイング、映像、パフォーマンスアートなどで表現する多分野横断型アーティスト。モントリオール在住。
シネマティックで詩的な映像インスタレーションを展示します。



davin - コピー

Davin Saputra
「Figure in Filaments」
インドネシア出身の3Dアーティスト。フィギュア彫刻、肖像画、解剖学の研究を含むキャラクターアートの制作に興味を持ち、本展にて人物彫刻の
リサーチと初めての制作となる3Dプリンター作品を発表します。



- 第2スタジオ

thing - コピー

Lesly Patricia Holliday
「SKIES, KITES & CRABS」
学生や大人に向けた芸術および美術史を教えてき英国在住の作家。写実的で伝統的な技法で絵画と印画制作に取り組むレスリーさん。本展では野外
で凧遊びする子供、天候の変化、スタジオに出入りするカニたちなどをテーマにした絵画と版画をお見せします。
*24日13時よりリノカット版画ワークショップも開催予定(事前予約制:https://www.studiokura.com/blog/2018/09/14/7887/ )。


06debbie

Debbie Donnelly
「Moving Continents series #2」
応用美術を専門に講義を行う指導者およびアートテキスタイルのスペシャリスト、ニュージーランド在住。
日本人の母親を持つデビーさんは、久留米絣や藍染などをリサーチしながら自伝的な経験をもとに過去・現在・未来をたどるテキスタイル作品を
発表予定。


 
》記事一覧表示

新着順:53/4147 《前のページ | 次のページ》
/4147