teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 旧モビングBBS(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


「匿名性」、砂曼陀羅、ゲシェ・ソナム・リンチェン師の法話

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 9月22日(火)20時35分12秒
返信・引用
  ゲシェ・ソナム・リンチェン師の法話より抜粋


http://www.lung-ta.org/buddhism_teaching/teaching5.html

「人は、実に様々な性格、能力、希望を持っているものだ。
心に浮かぶ心象は、ときには水に描いた絵のようであったり、
砂に描いた絵のようだったり、石に刻み込まれた絵のようだったりする。

そして、その心象は、心に様々な余韻を残す。
故に、煩悩による悪い感情や業は、水に描かれた絵のように不安定で、消えゆくものとしなければならない。
反対に、肯定的な良い感情、例えば信、親愛、慈悲、智慧、菩提心などは、
石に深く刻まれた絵のように、簡単には消えず、安定したものとしなければならない。

この為には先ず、仏の教えを聞き、聞いたことに対して何度も考え、瞑想により習慣づけることにより、
心に染み込み、馴染むようにするという段階的過程が必要なのだ。
こうして、心に善なるものを深く刻み付けることができるようになるだろう。

心が仏の教えと一体となった人を、「仏の教えを体現する者」と呼ぶ。
だが、自分の心はこちら、仏の教えはあちらに置き、その間に大きな象ほどの距離をおきながら、
仏の教えをアカデミックに求める者もいる。勿論、その者は学者にはなれるかもしれない。
だが、仏の教えはその者の心に何の影響も与えることがなく、性格はいつまでも変わらないだろう。

だがら、仏の教えを聞くときには、本当にそれを自分に言われたこととして受け取り、
自分の限界、欠点をなくす為に、また、良き性格を増すために使おうと思うことが大切なのだ。
だからこそ、仏の教えを聞き、考察し、瞑想するときには、正しい動機を持たねばならない。
自分の心を善なるものに変えようとする正しい動機を。

『死に対し準備せよ、執着心を捨てよ』と言う教えは仏教だけでなく、他の宗教や、
宗教に関わらずとも一般的な教訓にもあるだろう。

仏教においては、人生は死によって終わるのではなく、来世、来々世と永遠に続くものだ。
どんな来世を受けるかは、今生の善悪の業による。
業が影のようにその人の死から中有、再生のプロセスに従いゆく。

初めにも言ったように、悪業は水に描いた絵にように、善業は石に刻んだ絵のようであるべきなのだ。
悪業をなしたとしても、すぐに悔い改め、懺悔することにより、
水に描いた絵のように流れさることが出来るであろう。

そして、善なる感情、思考、行動は、
石に深く刻み込まれた絵のように、堅固で安定したものであるようにせねばならない。
これが仏教を行じることなのだ。

善なる感情が心に強く印象づけられれているならば、死が近づいたとき、
自然にその力により、肯定的な感情を持つことが出来るし、これが良き来世を得る大事な因となるであろう。
善なるものに習慣づくことが大切なのだ。

こうして序々に完全なる解放へと近づくことが出来るであろう。
煩悩に惑わされた行動や言動を捨て去り、心が浄め清められたならば、
もう二度と輪廻を繰り返すことのない覚者、仏陀となるであろう。

先ず、人を傷つけるような行動、言動を慎み、心は常に肯定的な善なるものに向かい、
怒りや執着といった悪い感情が起きないようにしなければならない。
この最も効果的な方法として、仏は『先ず、我への執着を捨てよ』と説かれた。
自分可愛さの故に、自分を守ろうとして、人は時に他人を傷つける。
この我への執着こそが、全ての苦しみの原因なのだと仏は説いた。
そして、この我への執着は、自分というものへの誤った見方から生じると説いた。

ありもしない「自分」「私」という心象、考えに縛られ、人は時に暴君として、
或いは「自分」を守る剣士として、立ち振る舞う。
その「自分」「私」は存在しない、「空」なるものだと理解し、
自分で勝手に作り上げた「私」という心象から自由になることが、正しい分別だと仏は説いたのだ。
「私」が無ければ、「私のもの」と言って所持するものに執着することも無いだろう。
「私」が傷つけられた、「私」が侮辱されたといって怒ることもなかろう。
そんな「私」はどこにもいないのだから。

「私」の損得を中心に行動するのを止め、人の幸せの為に行動せよと仏は説く。
それこそが、自分に幸せを齎すのだ。
何故なら、
「私」とは、自分が思っているような固定された像ではなく、
相手との関係性の中で、一時的に生じ、また消えゆく無常なものなのだから。

だが、こう理解するだけでは十分ではない。仏教は、そこに至高の優しさ、慈悲を求めるのだ。
だが、すぐには難しいであろう。
先ずは、悪いことをしない。悪口や嫌み、人を傷つけるようなことを言わないといったことから始めよう。
遠い所ばかりを眺めていても仕方がない。先ずは今立っている場所から、歩き始めるのだ」




砂曼荼羅
http://www.tibethouse.jp/event/2006/sandmandala/index.html

http://www.mmba.jp/daisyoin/02Avalokiteshvawa.html

≪BGM≫

YouTube - David Sylvian - Brilliant Trees
http://www.youtube.com/watch?v=gBJeYtpKVoo&feature=related


『Brilliant Trees』(song & lyric:David Sylvian)


When you come to me
I'll question myself again
Is this grip on life still my own

When every step i take
Leads me so far away
Every thought should bring me closer home

And there you stand
Making my life possible
Raise my hands up to heaven
But only you could know

My whole world stands in front of me
By the look in your eyes
By the look in your eyes
My whole life stretches in front of me
Reaching up like a flower
Leading my life back to the soil

Every plan i've made's
Lost in the scheme of things
Within each lesson lies the price to learn

A reason to believe
Divorces itself from me
Every hope i hold lies in my arms

And there you stand
Making my life possible
Raise my hands up to heaven
But only you could know

My whole world stands in front of me
By the look in your eyes
By the look in your eyes
My whole life stretches in front of me
Reaching up like a flower
Leading my life back to the soil

No.2878
投稿者---Roentgenium(2009/09/21 02:20:53)

※末注※ 「主権者は私たちBBS」からの"無承諾"転載です。
趣旨に叶った転載・引用大歓迎!
こちらに転記したことに関する一切の責任はBBS管理人にあります。

http://donannto.jimdo.com/

 
 

再スタートです。

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 9月 5日(土)11時59分18秒
返信・引用
  所期の目的達成と判断し、一時取り下げておりました。
今後「主権者の会BBS」の補完の役割で使って頂きたいと思います。

リンクを多数記事中に載せたい場合

画像その他ビジュアルな展開を行いたい場合


こちらの掲示板ではかなりの範囲カバーできると思います。

「主権者の会BBS」へ投稿し、
上記該当するようなものをそのままこちらに貼り付け、
ひとこと「主権者BBS」の投稿中に記載しておく。
使い勝手が向上すると思います。
ご意見頂きましたら随時改善して参ります。

たたかいは
まだこれからも!
 

レンタル掲示板
/1