新着順:109/3965 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

 投稿者:三菱地所アルティアムメール  投稿日:2017年 4月26日(水)16時14分49秒 p8214-ipbfpfx02fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  通報
  *********************************************************************************************
【会期】2017年5月13日(土)-7月2日(日)
    休館日 5月16日(火)、6月20日(火)
【開館】10:00 - 20:00
【入場料】一般400(300)円、学生300(200)円 ( )は前売料金/チケットぴあ
※高校生以下・アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード会員)無料、再入場可
*********************************************************************************************

ディック・ブルーナが求め続けたスタイル「シンプル」の正体に迫ります

絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズで知られ、2017年2月に惜しまれながら亡くなったオランダ人絵本作家、ディック・ブルーナ。
グラフィックデザイナーとしての顔ももつブルーナは、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表とする温かみのある名作を数多く残してきました。作品に共通する特徴は「シンプル」であること。余分なものを極力削ぎ落としつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいます。本展では、ブルーナのデザイン作品を線や色、形などテーマに分けて紹介します。なぜブルーナは、シンプルであることにこだわり続けたのでしょうか。展示作品を通してその正体を探ります。


約60年かけてつくりあげてきた約500点の作品を展示します

ディック・ブルーナは、父が経営する出版社でグラフィックデザイナーとして、数多くのペーパーバックの表紙やポスターを手がけてきました。その後、アートディレクターを経て独立し、絵本制作に専念することとなります。本展ではこれまでの作品を振り返り、200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプル」を紹介します。また、「シンプルの明日」というテーマで、日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組(KIGI/groovisions/ 中村至男/ ミントデザインズ)が、グラフィック、プロダクト、ファッションなどのジャンルで、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表します。
作品を際立たせる「シンプル」の正体とは何か、本展でその魅力に迫ってみてください。

【画像】展覧会メインビジュアル BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna

http://artium.jp

 
》記事一覧表示

新着順:109/3965 《前のページ | 次のページ》
/3965