新着順:153/3965 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アートプロジェクト FUKUOKA×YAME REMIX「八女の大名茶会」

 投稿者:九州大学ソーシャルアートラボメール  投稿日:2017年 1月11日(水)17時18分0秒 hmewlan.ad.design.kyushu-u.ac.jp
  通報
  九州大学ソーシャルアートラボが平成28年度に実施している、福岡市と八女市をつなぐアートプロジェクト「FUKUOKA × YAME REMIX」。10月に実施したアートバスツアー「里山を編む~天神・奥八女バスの旅~」に続く第二弾の企画では、福岡市中央区大名地区を拠点にしたプロジェクト「八女の大名茶会」を実施します。

本企画では、「松楠居の茶三昧」、「縁側のながれ」、「庭先の照花」を通して、大名の格子の上に浮かび上がる八女を感じ、楽しむ如月のひとときをつくり出します。


///
「八女の大名茶会」
会期:2017年2月4日(土) ~ 2017年2月12日(日)
各企画の詳細は、下記または特設ウェブサイトをご確認ください。
http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/fukuokayameremix/

料 金:
※松楠居でのイベントは有料です。(和菓子・八女茶付き)
【定員 各回30名】
・通しチケット
11日(土) 3,000円、12日(日)5,000円
・個別イベントチケット
●1,000円、★2,500円、■3,000円
発売日:2017年1月10日(水)
発売所:スリーオクロック(郵送販売) [TEL] 092-732-1688
チケットぴあ [TEL] 0570-02-9999 〔Pコード:634-664〕

※エンジョイスペース大名と八女本舗のイベントは入場無料です。

主催:九州大学大学院芸術工学研究院ソーシャルアートラボ
問い合わせ:九州大学ソーシャルアートラボ
TEL & FAX: 092-553-4552
MAIL: sal@design.kyushu-u.ac.jp
///

◇松楠居の茶三昧(ダイレクション:藤枝守)

松楠居を舞台に繰り広げられる茶の三日間。トーク・シリーズ「茶をかたる」やゲーム感覚の「闘茶会」をはじめ、筑前琵琶によるライブ「茶を弾じる」、そして、八女の茶の電位変化に基づく藤枝守の新作「茶の植物文様」がクラヴィコードによって演奏されます。さらに、十六夜(いざよい)にあたる最終日では、月を愛でながらの箏歌「月読の植物文様」に続き、八女の櫨蝋燭(はぜろうそく)のなかで耽美な「十六夜の夜想茶会」が展開します。茶がいざなう「三昧」の世界に、どうぞ、お越しください。

【プログラム】
2月10日(金) プロローグ:茶につどう夕べ
19:00 トーク+ワークショップ「闘茶会」         ●
ゲスト:小森耕太(NPO法人山村塾)+原島政司(お茶の千代乃園)

2月11日(土) part I:茶をかたる一日
13:30  茶をかたる (1) 「茶の発酵」                 ●
     茶とあそぶ「茶の八変化を楽しむ」
          上原美奈子(「夢見る茶畑」代表) ゲスト:原島政司
16:00  茶をかたる (2)「結納茶と水引」            ●
          長澤宏美(博多水引デザイナー)
18:30  茶を弾じる「筑前琵琶ライブ」              ★
          寺田蝶美(筑前琵琶)


2月12日(日) part II:月読の松楠居茶会
13:30   茶をかたる (3) 「万(yorozu)の茶」         ●
           徳淵卓(万(yorozu)亭主) ゲスト:山口真也(星野製茶園)
16:00   クラヴィコードによる「茶の植物文様」 ★
           砂原悟(クラヴィコード)
18:30  「月読の夜想茶会」                           ■
         第一部:箏歌ライブ「月読の植物文様」
          中川佳代子(箏歌)
         第二部:パフォーマンス「十六夜(いざよい)の夜想茶会」
          徳淵卓(茶人)、濱田理恵(舞)、中川佳代子(箏)、渡辺融(笙)
      ガムラン倶楽部「ルー」


◇縁側のながれ
(ダイレクション:ジェームズ・ジャック、企画特別協力:大田こぞう、制作:「地域づくりとアート」実践プログラム受講生)
期間:2月4日(土)~12日(日)月曜休み
会場:エンジョイスペース大名
福岡と八女。一見異なる二つの場所ですが、日常を織りなすさまざまなレイヤー(層)に目を向けると、両者のつながりが浮かび上がってきます。「石から砂へ」というメタファーを用いて福岡と八女の間にある時間と空間を想起し、「ながれ」について思いを巡らす参加型展示。二つの場が混在する「縁側」で新しい体験が広がります。


◇庭先の照花
(制作:九州大学ホールマネジメントエンジニア(HME)育成プログラム受講生)
期間:2月6日(月)~11日(土)
会場:八女本舗
「八女の再発見」をコンセプトに、電照菊など、八女の隠れた魅力をお伝えします。天神の街中で里山の空気を感じられる展示を行います。

http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/fukuokayameremix/

 
》記事一覧表示

新着順:153/3965 《前のページ | 次のページ》
/3965