投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


安西博之展のお知らせ

 投稿者:ギャラリーおいしメール  投稿日:2016年 7月31日(日)12時43分19秒 EAOcf-288p231.ppp15.odn.ne.jp
  安 西 博 之 展
プネウマシリーズ vol.5 「繭-COCOON」


繭と角状のフォルムによって空間構成される生命世界

2016.8/2(火)-12(金) 8日休廊
11:00‐19:00(最終日17:00まで)

「舞踏と角笛とトーク」イベント 
 8/6(土)18:00~
・山口千春(舞踏)&桑原孝広(角笛)
・石田陽介(ショートーク)

会場:  ギャラリーおいし 4F
      福岡市中央区天神2-9-212
      Tel 092-721-6013
           gallery-oishi@par.odn.ne.jp
           http://ameblo.jp/014-ois/
 

三菱地所アルティアム ディレクター募集のお知らせ

 投稿者:三菱地所アルティアムメール  投稿日:2016年 7月29日(金)14時38分9秒 p8214-ipbfpfx02fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  【業務内容】
三菱地所アルティアムで開催する展覧会の企画・運営(現代アートなど)

【資格】
Word/Excel/Illustrator/Photoshopなど基本的なパソコン操作ができる方。
9月中旬から就業可能な方。英語ができる方が望ましい。

【応募締切】
8月16日(火)必着

詳細は、以下のリンクよりご確認ください。
http://artium.jp/nandr/news/20160728_5282/

http://artium.jp

 

Asian Arts Air FUKUOKA: Gate03

 投稿者:Asian Arts Air FUKUOKAメール  投稿日:2016年 7月27日(水)21時03分53秒 KD106172211142.ppp-bb.dion.ne.jp
編集済
  FB_header_gate03

Gate 03
Chiangmai, Bangkok, Surigao,Davao,Santa Cruz,Cabuaya,Manila

主にチェンマイとバンコクのアートセンターやギャラリー、アートスペースを巡ってきた加藤笑平による報告と体験談。素潜り漁を追って、宗像、対馬、釜山、済州島へと対馬暖流域を南下し、現在フィリピンでリサーチ中の山内光枝による滞在記録と近況報告。

日時...2016年8月6日(土)15:00-17:00 ※開場14:30-
会場...アトリエてらた(福岡市中央区六本松3丁目5-28)
定員...20名(要予約・先着順)
参加費...300円(要ワンドリンクオーダー)
ゲスト...
加藤笑平(美術家)→ チェンマイ、バンコク・タイ
山内光枝(美術家)→ スリガオ、ダバオ、サンタクルーズ、カブアヤ、マニラ・フィリピン

申込方法...asian.arts.air.fukuoka[a]gmail.com まで申し込みください。(先着順)
またはFBイベントの「参加ボタン」を押してください。
https://www.facebook.com/events/1754721654774871/

http://asian-arts-air-fukuoka.net/gate02/

 

竹馬紀美子 個展のお知らせ

 投稿者:竹馬紀美子メール  投稿日:2016年 7月27日(水)16時38分15秒 fw.fukujo.ac.jp
  イベントの告知です

竹馬紀美子です、8月に下記のとおり個展を行ないますので会期中に東京にご滞在の方はぜひ遊びに来てください。お待ちしております。

展覧会概要
私の教え子をモデルに描きながら、近年は写実に近かった作風も今回は彼女たちの好きな「アニメ」の技術を取り入れました。 その中に、中世ヨーロッパにおける人生の儚さ等を表した『ヴァニタス』と呼ばれる静物画のモチーフを現代の流行のアイテムに置き換え、配置している。(雲母、金箔、などの画材からスイーツのマカロンや多肉植物(ビザールプランツetc))
人物の背景に配している色「白」も時間の経過により変化していきます。
時のうつろいとあわせて、
多感なこの年代の女性の危うさや将来に対する希望や不安、輝き等も合わせて表現していく。


竹馬 紀美子 個展「NEXT STEP」Kimiko Chikuma Excibition
 2016.8. 8.Mon.~8.13.Sat.
 11:00~19:00
 ※最終日17:00まで

アートスペース羅針盤
〒104-0031 東京都 中央区 京橋 3-5-3 京栄ビル2F
TEL&FAX 03-3538-0160



http://chikuakimi.jimdo.com/

 

~8月30日 ねこぢる・ねこぢるy・山野一 原画展

 投稿者:不思議博物館 角孝政メール  投稿日:2016年 7月27日(水)13時07分42秒 ab042130.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  ねこぢるのなつやすみ
7月7日~8月30日 12時~22時 水曜日お休み
所在地 〒810-0001 福岡市 中央区 天神 3-3-23 佐伯ビル3階 サナトリウム
サナトリウム電話 092-791-5477 館長 角孝政 直通携帯 090-4989-8783
http://www.asahi-net.or.jp/~bu9t-sm/sanatorium.html#pagetop
https://twitter.com/of_sanatorium

コロぺた号は 福岡県那珂川町の不思議博物館で7月31日 8月7,11,14,21,28日に公開
asahi-net.or.jp/~bu9t-sm
 

WATAGATA対馬アートキャンプ(2016)滞在と作品展示 8/25-28

 投稿者:miyamoto@ ART BASE 88メール  投稿日:2016年 7月26日(火)20時23分24秒 58-3-22-87.ppp.bbiq.jp
  昨年対馬でおこなったWATAGATA対馬アートキャンプ、ことしは、対馬アートファンタジアのなかのアーティストとして実施されます(昨年は関連企画)
第1次〆切は7月の末です、対馬に関心があるかたのご参加をお待ちしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

WATAGATA対馬アートキャンプ(2016)滞在と作品展示 8/25-28

Facebookイベントページあり
https://www.facebook.com/events/830686030401093/

<内容>
対馬内のキャンプ場等で泊まり、日本と韓国のアーティストと交流する。
同時代の表現について語り、おなじ場で展示をおこなう。
対馬の自然、歴史、文化、観光事情等について見聞する。
希望者は(対馬アートファンタジア内で)作品が展示できる。

※「WATAGATA対馬アートキャンプ」として展示された作品は
11-12月「WATAGATAアーツフェスティバル2016」として作品は福岡と釜山を巡回予定。

<日程>
2016/8/25-28 ※予定
任意の日程で参加できます。
会期中に設営あり

参考)
対馬アートファンタジア2016
会期 8/27-10/2 (OP 8/27)
http://artfantasia.asia/

<宿泊地>
対馬内のキャンプ場等

ほか詳細は下記。写真は2015年のものです。
https://watagatainfo.wordpress.com/2016/07/26/watagata_tsushima_art_camp/

https://watagatainfo.wordpress.com/2016/07/26/watagata_tsushima_art_camp/

 

石川竜一 okinawan portraits 2012-2016

 投稿者:三菱地所アルティアムメール  投稿日:2016年 7月26日(火)18時59分4秒 p8214-ipbfpfx02fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  *********************************************************************************************
【会期】2016年9月3日(土)-9月25日(日)
    会期中休館日なし
【開館】10:00 - 20:00
【入場料】一般400(300)円、学生300(200)円 ( )は前売料金/チケットぴあ
※高校生以下・アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード会員)無料、再入場可
*********************************************************************************************

三菱地所アルティアムでは、沖縄出身で現在もっとも注目を集める気鋭の写真家、石川竜一の個展を開催します。
本展では、新作《okinawan portraits 2012-2016》を全国に先駆けて公開するほか、2015年に木村伊兵衛写真賞を受賞した代表作の《okinawan portraits 2010-2012》、《絶景のポリフォニー》も合わせて展示いたします。《okinawan portraits》シリーズの続編となる《okinawan portraits 2012-2016》では、人物、風景、建物など、身のまわりのものすべてをポートレート的な視点で撮影しています。被写体により多くを委ね、社会のなかの個人が写しとられたポートレート数十点で構成されます。

代表作の《okinawan portraits2010-2012》は、2010年から3年間、沖縄の各地(那覇/宜野湾/浦添/うるま/読谷村/北谷町/宮古島/南城/国頭村/豊見城)で撮影されました。森山大道に「一瞬、オレは石川竜一に嫉妬した」といわしめたこれらの写真は沖縄の島をバイクで駆け巡り、出会った人に声をかけて撮影したものです。本作は石川の生まれ育った沖縄を舞台に、観光では決して見ることのできない風景や人々の暮らしが切り取られています。ストリートで出会うひとりひとりと向き合い、いま目の前にいる人と状況を目を通して受け入れようとするポートレートは、観る者に強烈な印象を与えるでしょう。 これまで沖縄は、基地問題や民族的な歴史など、数多くの写真家の被写体となってきました。
石川による「沖縄」の写真は、そうした政治的な問題や地域性を写し込んでもいますが、あくまでもそれは石川の生活圏内に「見えた」景色であり、風景の一部として写し取られています。そうした日常に寄り添ったリアリティは「沖縄」という固有性を超えて、私たちに社会と人々の在り方、地方都市に生きる若者たちのフラストレーションや背景にある大きな問題について普遍的に問いかけてきます。

また代表作のひとつ《絶景のポリフォニー》は、2009~2014年にかけて沖縄で撮影された人物像と風景のイメージから成る写真シリーズです。写真集のステートメントで石川は「今そこにあるものを、できる限り受け入れること。『研ぎすます』や『無駄を削ぎ落とす』ということは技術的なことではなく、自分の経験や培ってきた概念をできる限り捨て、今この時と向き合うことだ。」と語ります。沖縄の土地を舞台に、写真を媒介にして自身とひたすらに対峙し続ける石川の真骨頂とも言える作品群です。
本展ではこれらの代表作に加え、2012~2016年に沖縄で撮影した注目の新作《okinawan portraits2012-2016》を初公開いたします。作品が集うこの機会に、多くの皆様にご覧頂ければ幸いです。

【画像】© Ryuichi Ishikawa
OP2.0006178 GINOWAN, 2016
From the series “okinawan portraits 2012-2016”

http://artium.jp

 

7/28~8/3 かみむら泰一 九州Live

 投稿者:松岡涼子メール  投稿日:2016年 7月25日(月)01時56分3秒 e0109-106-188-250-171.uqwimax.jp
  舞踏の松岡涼子です。
7/28・29に出演するライブのご案内をさせていただきます。

7/28~8/3、東京在住のサックス奏者・インプロヴァイザー、
かみむら泰一さんをお招きしての九州ライブが各地で行われます。

福岡のドラマー武井庸郎さんが阿佐ヶ谷「マンハッタン」での
オーネット・コールマンジャムセッションに参加した際、
演奏のすばらしさ、オーネットの楽曲のアプローチに感動し、
ぜひ福岡でも共演したいとお願いしたところご快諾いただき実現したとのこと。
どのライブもおすすめです!

-----------
■7/28(木)20時~箱崎水族舘喫茶室 2000円(drink別)
/w 河合拓始(p)、武井庸郎(ds)、松岡涼子(舞踏)
https://www.facebook.com/events/284987515184720/
ピアニスト/即興演奏家/作曲家の河合さん、
ドラム武井さんとのトリオで完全即興演奏。
静かな中にも火花散る緊張感あふれる演奏に舞踏が!

■7/29(金)20時~北九州・八幡 DELSOL CAFE 2500円(drink別)
/w 波多江崇行(g)、福山ワタル(b)、武井庸郎(ds)、松岡涼子(舞踏)
https://www.facebook.com/events/1612998308990141/
活躍著しいハードコア即興ギタリスト波多江さん、
ベテランベーシスト福山さん、ドラム武井さんとの完全即興演奏。
DELSOLの広々とした空間でフリーにしてグルーヴ感あふれる演奏と舞踏が!!

■7/30(土)20時~中洲リバーサイド mc2000円 (drink・table charge別)
セッション参加者は mc1000 円
「オーネット・コールマンジャムセッション」
/w 藤井マサカズ(as)、石本剛士(b)、波多江崇行(g)、武井庸郎(ds)
https://www.facebook.com/events/362745813849655/
オーネットの曲によるライブと、オーネット曲をモチーフとしたジャムセッション。
テーマは演奏できなくてもフリーに演奏したい!と思われる方もOKです。
ぜひご参加ください!

■7/31(日)20時~糸島市BANZO mc2500円 (drink別)
/w 波多江崇行(g)、武井庸郎(ds)、石本剛士(b)
https://www.facebook.com/events/1056188174437112/
糸島のイタリアンレストラン「バンゾー」に場所を移してのライブ。
オーネット曲を中心とした演奏をワンホーンで。
スイング感あふれるフリーな演奏をたっぷりとお送りします。


※かみむら泰一+ベーシスト齋藤徹 デュオCD「Choros & Improvisations Live」は
「ミュージックマガジン」誌で高評価の得点!
ぜひお越しいただき、素晴らしさを体感してください!

http://www.taisax.com/

 

廣末勝己展

 投稿者:アートスペース獏メール  投稿日:2016年 7月24日(日)23時13分29秒 42-150-55-42.rev.home.ne.jp
  廣末勝己作品展
期日:2016.7.25~8.7
場所:アートスペース獏
「命のエネルギーのようなもの」の視覚化を試みる。瞑想的な時間の中で「宇宙」に向かって「響き」を「傾聴」する時、内側に去来するエネルギーを「視覚化」する。
 

釜山ビエンナーレ2016に

 投稿者:yamaguchi yozo  投稿日:2016年 7月23日(土)12時11分27秒 203-135-192-60.ppps.bbiq.jp
  9月3日~11月30日の日程で開催される釜山ビエンナーレ2016に、菊畑茂久馬さんが出品します。
Project-1という部門で、日中韓の前衛美術を特集。
日本部門のキュレーターは椹木野衣氏。
数日前に情報解禁となりましたので、お知らせします。
 

KYABYARYEI

 投稿者:アートスペースびあんごメール  投稿日:2016年 7月23日(土)07時07分18秒 acfkok001086.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
編集済
  https://www.facebook.com/WaldArtStudio/photos/a.579548828824447.1073741827.579499932162670/1022264547886204/?type=3&theater
会場:WALD ART STUDLO
7月23日16時~19時
ギャラリートーク・木塚忠広+高向一成
 

ソムオーさんのワークショップ&トーク(福岡アジア美術館 受入支援事業2016)

 投稿者:福岡アジア美術館メール  投稿日:2016年 7月21日(木)17時51分32秒 p10241-ipadfx01tenjmi.fukuoka.ocn.ne.jp
編集済
   5月から当館に滞在しているタイの美術作家プンイサ・シンラパラツァミー(愛称ソムオー)さん。福岡では40日間の滞在の間に、蝶番を使った2点の立体作品と、ティーバッグを使ったドローイング作品を制作しました。
 その作品公開にあわせて、どなたでも気軽に参加できるワークショップとトークをおこないます。ぜひお越しください。

 【開催日】 7月23日(土)
 【場 所】 交流スタジオ(8F)
      ※入場無料・逐次通訳(事前申込不要)

 ◆ワークショップ  13:00~15:00
  ティーバッグの型をした木片に絵を描いて、蝶番でつないで、小さな作品を作ります。上記時間内出入り自由で、好きな時間に始められます。
  (事前申込不要、所要時間:大人で約30 分、小学生以下は要保護者同伴)

 ◆トーク  15:00~16:00
  福岡で制作した作品について、お話しします。

http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/432

 

東野祥子 ダンスワークショップ 参加者募集!

 投稿者:FFACメール  投稿日:2016年 7月20日(水)17時57分49秒 j122073.ppp.asahi-net.or.jp
  ANTIBODIES Collectiveダンスパフォーマンス「DUGONG」福岡公演、10月16日福岡市立中央市民センターホールで開催決定!上演に先駆けて、この夏、公演をより深く楽しむための関連企画をご用意しました。

ANTIBODIES Collectiveの演出・振付を手掛ける東野祥子が、ダンスワークショップを開催します。
難しく考えず、常識にとらわれず、身体感覚を取り戻し、のびのびと感じる身体と心をつくります。日ごろ背負っているもの、抱えていること、一気に吐き出してみようじゃないですか!

日時:2016年8月5日(金)19:30~21:30
会場:パピオ ビールーム(博多区千代1丁目15-30)
対象:どなたでも(ダンス経験は問いません)
定員:30名程度(事前申込制、応募多数の場合は抽選)
参加費:500円(保険料込)

同時募集 「DUGONG」福岡メンバー募集
8/5のワークショップ参加者の中で、希望する方に、10月公演の出演メンバーとしてクリエイションに参加のうえ、舞台に立つチャンスをご用意しました(選考あり/20名程度)。どんな動機でもOK。好奇心旺盛な方のご応募をお待ちしています。まずは8/5のワークショップに参加しないと始まらない!

《クリエイション日程》
10/11(火)、12(水)、14(金) 19:00~21:30
10/15(土) 13:00~21:00
10/16(日) 10:00~21:30
《会場》パピオ、中央市民センター ほか

※全日程参加できる方を優先します。
※参加費2,000円(保険料込)


”踊りたい人来たれ!作品づくりしたい人来たれ!表現の自由を勝ち取れ!”
ダンサー、役者、ミュージシャン、何か表現したい人、殻を破りたい人、我こそはと思うパフォーマー来たれ!!福岡にて初のダンスワークショップを行います。老若男女、初心者でも問題なし!身体で表現する楽しさ、自由さを体験していただきます。
し・か・も!前衛的舞台芸術空間に立つチャンスもあります。自分の魅力を存分に発揮させてください。みんなのエネルギーに今からワクワク、是非チャレンジしてみてください!
(東野祥子)

応募締切
2016年7月27日(水)必着

応募方法
次の①~⑨を明記の上、下記まで、郵送またはメールでご応募ください。
①希望のイベント名【8/5ダンスワークショップ】 ②氏名 ③年齢 ④性別 ⑤住所 ⑥電話番号(あれば携帯) ⑦e-mail ⑧応募動機 ⑨(「DUGONG」福岡メンバーへの参加を)希望する・しない

・1件につき1名様までご応募可。
・参加可否通知は7月末を予定しています。

ご応募・お問合せ先
〒810-0802 福岡市博多区中洲中島町3-10 福岡県消防会館6階
(公財)福岡市文化芸術振興財団 「DUGONG」係
TEL(092)263-6266       e-mail  ffac-04☆ffac.or.jp
(☆の部分を@に変えてメールしてください)

http://www.ffac.or.jp/news/detail131.html

 

ダンス公演プレイベント「謎の地下空間で、ダンスを目撃せよ」観覧モニター募集中!締切間近!!

 投稿者:FFACメール  投稿日:2016年 7月20日(水)17時54分3秒 j122073.ppp.asahi-net.or.jp
  ANTIBODIES Collectiveダンスパフォーマンス「DUGONG」福岡公演、10月16日福岡市立中央市民センターホールで開催決定!上演に先駆けて、この夏、公演をより深く楽しむための関連企画をご用意しました。

ANTIBODIES Collectiveの演出・振付を手掛ける東野祥子が、日常とはどこか違う雰囲気を持った福岡の異空間で踊ります。このダンスパフォーマンスを目撃し、SNS等で感想を発信してくださる観覧モニターを限定30名募集中。

日 時:2016年8月6日(土)14時開演
会 場:山王2号雨水調整池(博多区山王1丁目9 山王公園内)
対 象:18歳以上 ※託児サービスなし
定 員:15組30名(事前申込制、応募多数の場合は抽選)
参加費:無料

協 力:福岡市道路下水道局

【注意事項】
・立見となります。椅子などはございません。
・施設の出入口は階段のみのため、動きやすい服装と運動靴でご参加ください。
・会場は、博多駅周辺の浸水安全度の向上のため、降った雨水を一時的に溜めて調整する施設です。そのため、前日や当日の天候等により中止する場合があります。また、イベント直前においても中止となる場合があります。事前に中止する場合は電話あるいはメールにて参加者に直接連絡いたします。


応募締切
2016年7月27日(水)必着

応募方法
次の①~⑦を明記の上、下記まで、郵送またはメールでご応募ください。
①希望のイベント名【8/6 プレイベント】 ②氏名 ③年齢 ④性別 ⑤住所 ⑥電話番号(あれば携帯) ⑦e-mail
・1件につき最大2名様までご応募可。2名様の場合は必ず代表者名と同伴者名がわかるようにご記入ください。抽選結果やイベント中止のお知らせは代表者にご連絡いたします。
・参加可否通知は7月末を予定しています。


ご応募・お問合せ先
〒810-0802 福岡市博多区中洲中島町3-10 福岡県消防会館6階
(公財)福岡市文化芸術振興財団 「DUGONG」係
TEL(092)263-6266       e-mail  ffac-04☆ffac.or.jp
(☆の部分を@に変えてメールしてください)

http://www.ffac.or.jp/news/detail132.html

 

内橋和久「犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago」

 投稿者:precogメール  投稿日:2016年 7月20日(水)15時32分15秒 219x120x61x26.ap219.ftth.ucom.ne.jp
  内橋和久とインドネシアの音楽家による全く新しい音楽の胎動
「犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago」が始動!

ギタリスト・作編曲・日本唯一のダクソフォン演奏者で、自身のバンド“アルタードステイツ”での活動のほか、近年はUAやくるりなどのプロデュースもこなし、維新派の音楽監督を30年以上にわたり務めるなど、あらゆる音楽のフィールドで国際的に活躍する内橋和久が、実験的音楽デュオ“SENYAWA”としても活動するインドネシアはジャワ島・ジョグジャカルタの音楽家、ルリー・シャバラ&ヴキール・スヤディー、インドネシア・バンドン出身のマルチ・インストゥルメンタリスト、イマン・ジンボットと共に犬島に滞在し、特設ライブハウス「Inuto Imago」を立ち上げる。
連日行うライブは、内橋と親交の深い音楽家のゲスト出演も交え、多彩なラインナップで展開。また、11日間にわたって犬島の音世界を探求する音楽ワークショップの開催、かつて犬島で歌われていたという“犬島音頭”を島民と共に復活させる試みなど、様々な企画を繰り広げる。
島に根付く音に耳を傾け、新たな音楽を生み出すプロジェクトが始動する。

-犬島を訪れる人たちへ-
この島は観光地ではありません。私達はよそ者です。でも一旦この島を訪れたら、その不思議な魅力に心を奪われるでしょう。そしてあなたの第二の故郷になるかもしれない。そんな島です。愛想はないけど、とても心が温かくて誇り高き素晴らしい島民の人達に出会うでしょう。訪れた他の人達とも自然に声を交わし、自然の声にも無意識に耳を傾けるでしょう。現存している美しい造形に深い歴史を感じ、過去にここに住み着いた人々のことを想うでしょう。
私はここに歌を残そうと思います。この先もずっと、この島の歴史のかけらになるような。そして訪れた人達の心に残るような。毎日がそのためのお祭りです。
遊びに来てください。
内橋和久

◯プロジェクト詳細◯
“Inuto Imago”特設サイト http://inuto-imago.com

◯チケット情報◯
ライブチケット発売
2016年6月25日(土)

ライブチケット料金(税込)
チケット料金には、お帰りの宝伝港から岡山駅までの送迎バス乗車代を含みます。行きについては各自ご手配ください。

前売一般:2,800円/当日一般:3,000円
学生割引:前売・当日共に2,000円(高校生以上・当日身分証明書要提示)
15歳以下:前売・ 当日共に1,200円

<作品鑑賞パスポート割引>
当日受付時に作品鑑賞パスポート提示で一般価格より200円割引返金

前売チケット取扱い
・プリコグ(WEB・peatix)http://precog-jp.net/tickets/
・NPO法人アートファーム事務局 TEL 086-233-5175(11:00~17:00)http://www.artfarm.or.jp
・ぎんざや TEL 086-222-3244(10:00~18:30)
・岡山シンフォニーホールチケットセンター TEL 086-234-2010(10:00~18:30)
・犬島精錬所美術館チケットセンター TEL 086-947-1112(10:00~17:00)
・直島(宮浦港)インフォメーションセンター* TEL 080-2853-5853(8:30~18:00)
・瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーションセンター(高松)* TEL 087-813-2244(7:00~20:00)
*印:瀬戸内国際芸術祭2016夏会期(7月18日より)期間中のみ取扱
※当日券は公演当日、ライブハウス 前の公演受付でのみ取扱います

注意事項
・バリアフリー対応は致しかねます(車いすなどをご利用の方は事前にご相談下さい)
・仮設ライブハウスでの公演となりますので、雨天の際は雨合羽などを各自ご準備の上ご来場ください(台風など荒天の場合は中止)。
・チケットはおひとりさま1枚、当日限り有効です
・ライブの途中中止の場合は、チケットの払い戻しは致しません
・主催者側の都合による公演中止の場合は、チケットを払い戻し致します。中止による返金対応については、プリコグ(http://precog-jp.net/)が個別にご対応致します。
・犬島精錬所美術館/犬島「家プロジェクト」/シーサイド犬島ギャラリーの鑑賞料は含みません

◯スケジュール◯
2016年8月22日(月)~9月4日(日)
ライブハウス、ワークショップ、うたプロジェクトの“3つのプロジェクト”を同時開催

◯会場◯
犬島各所

◯クレジット◯
コンセプト:内橋和久
ライブハウス「Inuto Imago」建設:白藤垂人(hitori工務店)
企画制作:中村茜 川崎陽子(SAYATEI) 河村美帆香 土屋光 水野恵美
制作協力:特定非営利活動法人アートファーム
音響協力:プロサウンド
協力:犬島婦人会 treesINUJIMA 南波のぶき(trees/MARKERSTUDIO)
宣伝美術:重実生哉
助成:国際交流基金アジアセンター
協賛:ローランド株式会社
主催:precog 公益財団法人福武財団
共催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会

http://inuto-imago.com/

 

8/5&8/26 図形楽譜ワークショップ2016@糸島グリーンコード(全二回)

 投稿者:colorrecordsメール  投稿日:2016年 7月20日(水)02時59分29秒 ab020053.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
  <図形楽譜ワークショップ2016@糸島グリーンコード>
講師:河合拓始

五線紙やオタマジャクシでない楽譜があるのをご存知でしょうか。
1960年代に現代音楽の世界で作られはじめた「図形楽譜」というものです。
どうやって読んだり演奏したりするのか? 実は音楽の専門教育など不要、
自由に作ったり奏でたりできる楽しいものなのです!
表現欲と好奇心のあるかた、どなたでもご参加ください。
ワクワクする体験があなたを待っています。

[第一回]
「図形楽譜ってどんなもの? どうやって演奏するの?」
さまざまな図形楽譜を紹介し、読み方を解説したり、音源を聴いたり。
皆で一緒に音を出してみたりもします。

[第二回]
「図形楽譜を作ってみよう! 演奏してみよう!」
参加者の皆さんそれぞれに図形楽譜を作ってみてもらいます(アドバイスします)。
そして出来た楽譜を、一緒に演奏してみます。

【日時】 [第一回] 2016年8月5日(金) pm7:30~9:30
            [第二回] 2016年8月26日(金) pm7:30~9:30

【会場】 グリーンコード(福岡県糸島市二丈武581 tel092-332-9386) www.g-chord.jp
JR筑肥線「一貴山」駅から徒歩8分

【参加費(申込み制)】 各回1,800円(小中高校生は900円)[資料代込み]
※いわゆる楽譜が読めなくてもOK、表現欲があれば音楽経験も技術も問いません。
※何か音のでるモノを持って来ていただいても良いです(こちらでも用意します)
※二回シリーズですが、単回参加もOK。 ※未就学児も見学可。

【講師プロフィール】 河合拓始(かわい・たくじ):ピアニスト/作曲家。現代音楽、即興音楽を得意とし、幅広く活動。ワークショップも多数。長年東京で活動後、2012年から糸島市二丈在住。www.sepia.dti.ne.jp/kawai/

【お申込み&お問合せ】 colorrecords@gmail.comまたは090-9686-8241まで
 

7月20日(水)19時~キオ・グリフィス トーク

 投稿者:art space tetra 小山冴子メール  投稿日:2016年 7月19日(火)21時19分32秒 KD106155054141.au-net.ne.jp
  みなさま こんにちは art spae tetraの小山です。
現在は、テトラを運営しつつも、
あいちトリエンナーレ2016のコーディネーターとして働いています。

さて、
明日、20日(水)19時より、キオ・グリフィスのトークと録音会がありますので、ご案内をさせていただきます。
キオは、今年8月11日からスタートする「あいちトリエンナーレ2016」の参加作家で、現在新作のために、全国をまわって、人々の声を録音しています。
福岡でもたくさんの方との出会いと、ご協力が賜れますように。
どうぞ宜しくお願いいたします!!

+++++++++
キオ・グリフィス トーク&新作のための録音会「Word Of Color-voice recording tour」

日時:7月20日(水)19:00~
料金:1ドリンク(500円)
会場:art space tetra(福岡市博多区須崎町2-15)
予約申し込み不要
※お好きな「色」の出てくる小文(30秒で読めるくらい)がありましたら、会場にご持参ください。

ロサンゼルスと日本を拠点に、常に移動しながら、アート、デザイン、サウンドといくつもの領域を横断しつつ活動をする、キオ・グリフィス氏のトーク&作品制作協力イベントを開催します。(キオ・グリフィス氏HP http://kiogriffith.com/
グリフィス氏は、今夏に開催予定の「あいちトリエンナーレ2016」にて、世界中の人に「色名」の入ったフレーズを読んでもらい、それらの「声」をインスタレーションとして出品する新作を予定しています。
7/11に来日してから、すでに札幌、栃木、東京と旅をしながら、各地で「声」を収録をしてきました。今回のトークにお集まりいただいた皆さまにも、この「声」の収録に、ぜひご参加いただきたいと思っております。
《概要》
19:00-20:00 キオ・グリフィス トーク(聞き手:江上賢一郎)
20:00-22:00 声の収録
ー声の収録についてー
お一人5分程度ずつお時間がかかります。
ご協力いただける方は、お好きな「色」にまつわる小文(30秒で読めるくらい)がありましたら、会場にご持参ください。ある程度の数の文章を会場に用意しますので、その中から選んでいただくこともできます。



http://www.as-tetra.info/archives/2016/160720223947.html

 

Studio Kura 滞在アーティストによる展覧会

 投稿者:スタジオクラメール  投稿日:2016年 7月17日(日)15時55分16秒 softbank221087011189.bbtec.net
  お世話になっています。
このたびStudio Kura(糸島市)は、弊社が実施しているアーティスト・イン・レジデンスプログラムに滞在中の4名のアーティストによる成果を発表する展覧会を開催いたします。

◆レジデンスプログラム参加アーティストによる成果発表展:
- Elise Broadway 米国/ペインティング 「Studies of Itoshima」
- Enriqueta Vendrell カタロニア(スペイン)/ドローイング+インスタレーション 「Landshat」
- Ien Dobbelaar オランダ/写真+ドローイング+イラストレーション 「distance and time」
- Marijke Wijgerinck オランダ/彫刻+スケッチ 「While walking」


◆日時: 7月23日(土)、24日(日) 11時から19時まで 入場無料
 23日(土)15時30分よりオープニングパーティーおよびアーティスト・トークを行います。
 ※事前予約不要、参加無料

◆展覧会会場: 福岡県糸島市二丈松末586
 JR筑肥線一貴山駅より徒歩15分(駅からの送迎あり)
◆お問い合わせ: Studio Kura代表 松崎宏史(092-325-1773)
         Studio Kura企画 福岡県糸島市二丈松末586


eliceFlyerImage
Elise Broadway
エリースさんは米国ペンシルバニアで活動するヴィジュアルアーティストです。
個展 「Studies of Itoshima」:
糸島で出合った料理とプライベートな食事スペースのイメージをグワッシュと黒鉛で描き、ローカル・アイデンティティの概念を探求したドローイングとペインティングのシリーズを発表します。



flyer_evendrell
Enriqueta Vendrell
カタロニア(カタルーニャ州、スペイン)に拠点を置くヴィジュアル・アーティストのアンリクエッタさん。
個展「Landshat」:
ここで見られた人々が被る帽子を風景の一部として取り入れた、風景を再構築させたドローイング+インスタレーションを展示します。



FLYER ien dobbelaar copy
Ien Dobbelaar
ビジュアル・アーティストのインさんは、オランダのライデン市からマレイクさんと一緒に参加しています。
個展 「distance and time」:
スタジオクラ周辺風景を撮影し見えてきた、列になって植えられている田んぼに注目したイラスト+写真+ドローイングを発表します。



marijke
Marijke Wijgerinck
オランダから参加のマレイクさんは、西部のズーテルメールに拠点を置くヴィジュアルアーティスト及び絵画教師です。
個展 「While walking」:
散歩中に見つけたブドウの枝、加えて天然素材と和紙を組み合わせた三次元の実験的な作品を発表予定です。



スタジオ見学、アーティストと直接話せる絶好の機会です。オープニングトーク&パーティにぜひお越しください!
http://studiokura.info/

http://studiokura.info/

 

渡辺克巳写真展

 投稿者:一般社団法人渡辺克巳写真社団メール  投稿日:2016年 7月16日(土)18時40分10秒 KD106172228142.ppp-bb.dion.ne.jp
編集済
  NEWS RELEASE
                                                                                                     2016年7月16日

                             一般社団法人渡辺克巳写真社団
===========================================
渡辺克巳写真展 「新宿」
第一弾 ディスコロジー 1978年~1983年
第二弾 流しの写真屋時代 1965年~1974年
===========================================

会期:ディスコロジー   2016.7.15(金)~8.11(木)
   流しの写真屋時代 2016.8.13(土)~9.11(日)
時間:12:00~23:00 水曜定休
参加型トークイベント:「渡辺克巳と新宿」2016年7月17日(日)14:00~
           *ワンドリンクオーダー制
出演:小泉悦子(渡辺克巳妻)、松本和子(不思議おでん満月堂オーナー妻+写真展企画者)
   川崎潤(渡辺克巳ファン+OTOGI トップリーダー)
会場: OTOGI  (ビンテージモーターサイクル、アパレル、珈琲の店)
   福岡市中央区赤坂3-8-26   電話092-734-1113


渡辺克巳没後10年。作品がニューヨークのメトロポリタン美術館にも収蔵され、若者にも
人気が出てまいりました。作品を管理する法人がが福岡県へ移転したことで、昨年、福岡
「不思議おでん満月堂今泉店」で九州初の写真展を開催し、もっと見たいという声が高まり
ました。

渡辺克巳写真展「新宿」の第一弾として「ディスコロジー」、続けて「流しの写真屋時代」
を開催いたします。本展では40年に渡って渡辺克巳が撮り続けた新宿の作品からそれぞれ
約30点の作品を展示いたします。当時の新宿のエネルギー、ファッション、そこに集まる
人々を写真に収めています。

ディスコロジーとはディスコブームが到来した1980年前後の新宿のディスコに集まる若者を
撮った作品群。近年、ニューヨークで話題になり写真集にまとめられ、ニューヨークの写真
雑誌「Aperture」の秋号にも掲載予定です。これは発表当時以降、一度も展示しておらず、
東京に先駆けて福岡で展示いたします。

流しの写真屋時代の作品群は、渡辺の代表作です。新宿で働く人々を撮り、翌日写真を届け
る「流しの写真屋」として水 商売の女性やゲイボーイ、ヤクザなど、そこを行き交い、そこ
で商売をする様々な人々を写真に 収めてきました。新宿を舞台に生きる人々は自信を持って
様々なポーズを取ってカメラの前に立っています。彼らは受取った写真を故郷に送ったり、
自分の店に飾ったりと大切にしていたと渡辺は後に語っていました。

渡辺克巳の写真作品をこの機会に是非ご高覧ください。宜しくお願い申し上げます。


【渡辺克巳プロフィール】1941年岩手県盛岡市生まれ。65年、「流しの写真屋」となる。73
年「カメラ毎日」に「新宿・歌舞伎町」を発表、カメラ毎日アルバム賞受賞。その後も新
宿、海外で写真を撮り続ける。98年、写真集『新宿』により写真協会年度賞受賞。06年1月29
日肺炎により死去(享年64歳)。没後、東京国立近代美術館、東京都写真美術館に作品が収
蔵され、海外ではサンフランシスコ近代美術館、シカゴ美術館、ニューオリンズ美術館、メ
トロポリタン美術館に収蔵されるなど、作品の評価も高い。


【展覧会略歴】
1974年 個展「初覗夜大伏魔殿」東京荻窪 シミズ画廊
1974年 「15人の写真家」東京国立近代美術館
1999年 「TOKYO 60/70 17人の写真家」東京都写真美術館
2002年 個展「LIVE」東京新宿PLACE M
2006年  個展「KATSUMI WATANABE」Andrew Roth Gallery New york
2008年  個展「流しの写真屋 渡辺克巳 1965-2005」東京神宮前ワタリウム美術館
2011年 個展「1965~ 歌舞伎町-新宿二丁目」東京根津 汐花
2014年 個展「渡辺克巳展」タカ・イシイギャラリー
2015年 個展「渡辺克巳写真展」福岡 不思議おでん満月堂 今泉店
2016年 収蔵品展「”流しの写真屋”の見た新宿」東京国立近代美術館




【お問い合わせ先】
一般社団法人 渡辺克巳写真社団    代表理事 小泉悦子
電話0942-55-3598 FAX0942-55-3598
メールアドレス watanabekatsumi1941@gmail.com
URL http://watanabekatsumi.web.fc2.com/index.html
Facebook  www.facebook.com/watanabekatsumiphoto

 

Nibroll「世界は縮んでしまってある事実だけが残る」

 投稿者:precogメール  投稿日:2016年 7月13日(水)17時27分27秒 219x120x61x26.ap219.ftth.ucom.ne.jp
  国内外にて数々の公演を行なってきたNibrollの次なる作品は瀬戸内海に浮かぶ「犬島」にて繰り広げられる。
かつて製錬と石切で栄え、最盛期には約5000人もいた住民もいまやわずか約50名。時代の正と負の部分を象徴するかのような、そんな島に遺る発電所跡を舞台に、身体をとおして犬島の過去・未来、そして新しい世界の形を探求する。
大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2012での上演作品『see / saw』以来となる野外公演、お見逃しなく!

◯コンセプト◯
この手は世界に届くだろうか。
いまこの時にしか動かない身体で、
あの人が生きていたほんのわずかな時間のことをどうしてあなたに伝えることができるだろう。
一瞬の事実は目に映らず、言葉で描けるものなどはたかがしれている。
風景は言葉によって失われ、沈黙によってやはり失われるだろう。
世界はあまりにも短い時間のなかで変化し、思考はもう時間に追いつけない。
物から、線から、時間から、そして身体から、
私たちが考えていること以上の事実が立ち上がってくるのをここで待つ。

◯公演詳細◯
Nibroll公式ホームページ http://www.nibroll.com/inujima2016.html

◯チケット情報◯
チケット料金にお帰りの犬島港から岡山駅までの乗船代・バス乗車代が含まれます。

前売一般 4000円
前売学生 3000円(小学生以上)
当日一般 4500円
当日学生 3500円(小学生以上)

瀬戸内国際芸術祭作品鑑賞パスポート割引
当日受付時に作品鑑賞パスポート提示で一般価格より200円割引返金

整理番号順入場。当日、18:00より犬島精錬所美術家入口にて整理番号を配布します。

※チケットはおひとりさま1枚、当日限り有効です。
※学生料金チケットは当日受付にて学生証をご提示ください。
※公演の途中中止の場合は、チケットの払い戻しは致しません。
※主催者側の都合による公演中止の場合は、チケットを払い戻し致します。中止による返金対応については、プリコグが個別にご対応致します。
※犬島精錬所美術館/犬島「家プロジェクト」/ シーサイド犬島ギャラリーの鑑賞料は公演チケット料金に含みません。

チケット発売日 2016年6月25日(土)

●プリコグ(peatix)
●ぎんざや TEL 086-222-3244(10:00~18:30)
●岡山シンフォニーホール チケットセンター TEL 086-234-2010(10:00~18:30)
●犬島精錬所美術館チケットセンター TEL 086-947-1112(10:00~17:00)
●直島(宮浦港)インフォメーションセンター* TEL 080-2853-5853(8:30~18:00)
●瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーションセンター(高松)* TEL 087-813-2244(7:00~20:00)
*印:夏会期(7月18日より)期間中のみ取扱
※当日券は犬島内の公演受付ブースでのみ取り扱います

◯スケジュール◯
2016年 8月 10日(水) 11日(木祝) 12日(金) 13日(土)
開場:18:30 開演:19:00(上演時間:1時間程度)

*受付開始 15:00 犬島港[公演受付]にて
*雨天決行・荒天中止 *終演後、岡山駅までの送迎船・バスを運行します

◯会場◯
犬島精錬所美術館 発電所跡
〒704-8153 岡山県岡山市東区犬島 327-4

◯クレジット◯
振付・演出:矢内原 美邦  映像・照明:高橋啓祐  音楽:SKANK/スカンク
出演:小山衣美、石垣文子、Joanna Faith Tan、LIU Jia-Rui(世紀當代舞團)

衣装:矢内原 充志  舞台監督:大田和司  出演協力:近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻卒業舞踊25期,27期
宣伝美術:岡本健+  メインビジュアル:高橋啓祐  企画・制作:precog
プロダクションマネージメント:岡村滝尾(オカムラ&カンパニー)

制作協力:特定非営利活動法人アートファーム  特別協力:急な坂スタジオ
ダンサーアシスタント:クリタマキ、清水彩加  映像アシスタント:革崎 文
協力:世紀當代舞團(Century Contemporary Dance Company)、Mont’Kiara International School、Green Studio、Kingdomcity Dance Team、黄金町エリアマネジメントセンター

主催:Nibroll、公益財団法人 福武財団  共催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会  助成:芸術文化振興基金

http://www.nibroll.com/inujima2016.html

 

/187